メニュー

Kids’ ISO ボランティア活動報告 セントラルパーク Japan Day 2010

Kids' ISO Volunteer

Kids’ ISO @セントラルパーク June 6, 2010

  • ボランティア活動報告イメージ01

  • ボランティア活動報告イメージ02

  • ボランティア活動報告イメージ03

ボランティア活動報告イメージ04

2010年6月6日(日)にニューヨークのセントラルパークで開催されたジャパンデーで、ニューヨーク育英学園(ニュージャージー州イングルウッドクリフス、岡本徹学園長)は、同学園のポートワシントン校、マンハッタン校、ニュージャージー校の小学部から高等部までの児童生徒のボランティア10名と共に「環境テント」を訪れた子供たちを対象に「リサイクル・リユーズ」をテーマにして絵を描いてもらう催し物を行なった。

ボランティア活動報告イメージ05

これは学園の子供たちが毎年取り組んでいる環境教育プログラム、Kids’ ISO 14000 Programme(UN-DESD 2005-2014, United Nations Decade of Education for Sustainable Development「国連持続可能な開発のための教育の10年」のプログラムとしても認められている。)を広く知ってもらうために行なわれたもの。約500人の子供たちが渡された木綿のバックに布用クレヨンで思い思いのリサイクルのイメージを描いた。

ボランティア活動報告イメージ06

3歳になったばかりのキャサリーンちゃんは金魚鉢で泳ぐ金魚たちを描いた。「キレイな水の中でおいかけっこしてるの」と言う。
学校でペットボトルを集めているという岡田佑生くん(11)はきれいな地球を描いた。「ゴミを散らかさないようにやっていこう」という思いを込めたという。また、ヴァンシー・コンブリスさんは2本の桜の間にNYの地下鉄を描いた。「車のかわりに公共交通機関を使って、キレイな花を咲かせたい」と言う。ボランティアとして参加者たちをサポートしたNY育英学園小学部6年生のパタソン・ヒュー君は、「みんながそれぞれ描いたことを実現してほしい」と話した。

ボランティア活動報告イメージ07

この催し物ではバックのデザイン・コンテストも行なわれ、優秀作品に選ばれた子供たちにはカシオアメリカ社から寄付された腕時計が贈られた。
企画したニューヨーク育英学園の上妻雅浩ディレクターは、「このバックは今日ここで描くだけではなく、実際にエコバックとして永くショッピングなどに使ってほしい」と話した。

  • ボランティア活動報告イメージ08

  • ボランティア活動報告イメージ09

  • ボランティア活動報告イメージ10

  • ボランティア活動報告イメージ11

  • ボランティア活動報告イメージ12

  • ボランティア活動報告イメージ13

ジャパンデー ニューヨーク育英学園担当「環境教育プログラム」ボランティア募集のお知らせ

ここ数年来、ジャパンデーが6月の第一日曜日にセントラルパークにて行われています。
ジャパンデーは在NY日本国総領事館をはじめ、多くの日系企業の協力のもと実施されていますが、一昨年の参加に続き、今年もニューヨーク育英学園は参加いたします。今年は「環境」のブースを担当し、UN-DESD(United Nations Decade of Education for Sustainable Development: 国連・持続可能な開発のための教育の10年, 2005-2014)、Kids’ ISO14000のプログラムの説明(www.artech.or.jp/japanese/kids参照)、エコバック絵画コンテストを開催することになりました。興味のある児童生徒(小学6年生以上の児童生徒)がありましたら、こちらをプリントアウトし、下部の申込用紙を切り取って担任または事務まで5月22日(土)までにご提出ください。
当日のボランティアの内容としてはエコバック絵画コンテストの実施の手伝い、Kids’ ISO14000プログラムの説明を行います。Kids’ ISO 14000の説明は学園スタッフ及びkids ISOスタッフが中心に行いますが、既にKids’ ISO14000に取り組んだ児童、生徒の中で説明してみたい場合は大歓迎です。
ジャパンデーは6月6日午前10時から午後3時45分までとなっておりますが、エコバック絵画コンテスト(午前の部:結果発表12時、午後の部:結果発表3時)の活動のお手伝いのボランティアを募ります。具体的な活動は子供達がエコバックに絵を描くことのお手伝いです。(もちろん、これ以外の時間帯のお手伝いも大歓迎ですし、当日、ブースでの活動にご家族で参加頂ければ大変嬉しいです。)
当日は保護者の皆さんが、会場のブースまでお子さんをお連れ頂き、ボランティア活動終了後はブースまでお迎えをお願いすることになります。実行委員会より、事前にボランティアの参加者氏名の確認、ジャパンデーTシャツの着用などが義務づけられておりますので、事前に登録のない方の当日のボランティアはできないことになっております。ご質問などありましたら201-947-4832上妻までお問い合わせください。
ジャパンデーについての詳細はwww.japandaynyc.orgをご覧ください。

ニューヨーク育英学園 事務局
上妻雅浩(Kids’ ISO 14000 Instructor)

代表お問い合わせ