メニュー

幼児部の英語教育

Preschool English Curriculum


幼児部のESL・・・「英語遊び」について

目的は何ですか?

ゲーム,歌などを通して英語に慣れ親しむことを目的としています。英語に接することが「楽しい」,「面白い」といった英語への肯定的態度の醸成です。また,英語力としては,英語のリズム・音に慣れ,英語の先生の言っていることが大体「分かる」,英語の質問に対して英語らしい発音で「答える」ことができることを目指します。

どんな先生が教えているのですか?

小学部のESL講師を兼務している幼児英語教育の経験豊富なアメリカ人講師が教えています。また,園児たちと講師とのコミュニケーションを円滑に図るためにクラス担任や副担任もサポートします。

週何回教えているのですか?

英語の時間は、毎朝あります。レッスン形式での英語のクラスは年長・年中組は毎日、年少組は、1学期は1回・2学期は2回・3学期は3回と増やしていきます。また年少組は、レッスンのない日の朝は英語講師と自由遊びで触れ合う時間を設けています。さらに、毎日ランチ・昼休みの時間に英語講師がアシスタントとして入り、一人ひとりが英語の講師と触れ合える機会を大切にしています。

1回の授業時間はどのくらいですか?

年少・年中は20分,年長は30分となっています。

どんなことをどのように教えているのですか?

子どもたちの発達段階を考慮した内容で,「聞く」,「話す」という側面を中心に言語活動を行ないます。また,子どもたちの習熟度に従って,アルファベットや簡単な語を「読む」という要素も取り入れ,さらに5歳児は小学1年生への進学を視野に入れてアルファベットを「書く」練習も取り入れたりしていきます。
子どもたちが学習する語彙,簡単な表現は,子どもとしてふさわしいものであると同時に,季節や行事に合わせ,学習効果が上がるよう配慮します。また,それらをリズムや歌,ダンス,ゲーム,工作などのアクティビティの中で楽しく学んでいくことを目指します。

もっと英語を勉強させたいのですが?

NY育英学園ではアフタースクールプログラムにて幼児ESLのクラスを設けています。レベル別の週一回(50分)のクラスで,受講者のほとんどが,小学部に進学したときに上位のESLクラスに進級しています。
アフタースクールプログラムについては,HPまたはパンフレットをご覧ください。

NY育英学園の英語教育(PDF版)

代表お問い合わせ