メニュー

トリエンナーレ 自由の女神アート作文コンクール

NY IKUEI Triennial Art & Essay Contest

トリエンナーレ 自由の女神アート作文コンクールについて

 ニューヨーク育英学園主催トリエンナーレ自由の女神アート作文コンクールは、日本語で学び、また日本語を学ぶ全世界の幼稚園から高校生までを対象に、豊かな情操を育むことを目的に、絵画と作文でその思いを表現してもらうコンクールです。本学園が主催するこのコンクールは、学園創立30周年の記念事業の一環として2009年度に第1回目が開催されました。その後も3年ごとに開催され、第3回目となった2016年度は、世界各国から集まってきた応募作品は絵画と作文合わせて700点ほどにものぼりました。
 同コンクールは毎回在ニューヨーク日本国総領事館および公益法人海外子女教育振興財団にご後援頂いており、名誉審査委員は、第1回目の審査委員長であった日本画家の故・平山郁夫氏のご夫人である平山美知子氏(平山郁夫シルクロード美術館館長)にお引き受け頂いています。
 2016年度は、厳正な審査の結果、グランプリ平山郁夫大賞(絵画1点、作文1点)を含む、絵画受賞作品27点、作文受賞作品16点が選ばれました。その後受賞者やそのご家族約110名が集い、盛大に表彰式が開催され、在ニューヨーク総領事館の石塚勇人領事より、受賞者全員に賞状が授与されました。さらに作品は領事館に約1か月展示されました。
 次回の開催は、2019年になります。次回もたくさんの応募をお待ちしております。
第3回コンクールの募集要項はこちらこちら
img_triennale

過去の結果と受賞作品集

  • デイリーサンに第三回自由の女神アート作文コンクールの表彰式の様子が掲載されました。アプリ版Web版
  • 第三回自由の女神アート作文コンクールの展示会が、在ニューヨーク日本国総領事館広報センター内のギャラリーにおいて2017年4月28日まで開催されています。⇒詳しくはこちら
  • 第三回自由の女神アート作文コンクール受賞者の声⇒こちら

代表お問い合わせ